INFORMATION

新着情報

高福祉国家スウェーデン

新着写真

スウェーデンをはじめとした北欧国家は高福祉国家であることで有名です。

スウェーデンでは、大学までの教育費が無料、18歳まで医療費は無料で成人も年間最大2万円程度など世界でもトップクラスの福祉制度を誇っています。

そのかわり、消費税25%や収入の30%の所得税など、税金も高いようですが、国政選挙の高い投票率(約80%)など、高負担・高福祉は国民の絶大なる支持のもと成り立っているようです。


また、男性の育児休暇取得率80%(日本は3%以下)や企業の役員に占める女性の割合が27%(日本は1.1%)など、政策面でも先進的です。

日本も見習う部分が多々ありますね。

※写真は「スウェーデン王立工科大学」です

2016/05/27

ボルボとペットがいる暮らし

新着写真

こんにちは(^^)!

ご紹介します!我が家の愛犬ビビちゃん(♂)です♪ おじいちゃんなので1日の7割を寝て過ごしていますが、寝顔も可愛いですよね!笑 

ボルボ・カーズ山口はペットの入店大歓迎のお店です♪♪ スタッフも動物好きばかりですので、ワンちゃん(もちろんワンちゃん以外も大歓迎♪)同伴のご来場を楽しみにしております☆

また、ボルボはペットと楽しいクルマライフを送るために安心で快適なクルマづくりにこだわっています! 大切なペットと、ボルボに乗って快適なドライブをお楽しみください♪

2016/05/12

ノーベル賞

新着写真

スウェーデンと言えば、白夜とかABBAとか家具とかイブラヒモビッチとか思い浮かべる方も多いと思いますが、「ノーベル賞」を想われる方が多いのではと思います。

「ノーベル賞」はダイナマイトをはじめとした爆薬の発明で巨万の富を得た、スウェーデンの発明家であるアルフレッド・ノーベルの遺言によってはじまった賞です。「物理学賞」「化学賞」「生理学・医学賞」「文学賞」「平和賞」と「経済学賞」の6分野ありますが、経済学賞だけはノーベルの遺言ではなく、スウェーデン国立銀行の設立300周年を記念して設立されています。

ノーベル賞の選考は物理学賞・化学賞・経済学賞がスウェーデン王立科学アカデミー、生理学・医学賞がスウェーデンのカロリンスカ研究所、平和賞はノルウェー・ノーベル委員会、文学賞はスウェーデン・アカデミーが行っていますが、その選考は秘密裏に行われ、その選考過程は受賞の50年後に公表されることになっています。

授賞式は毎年12月10日(ノーベルの命日)に平和賞以外の5部門がストックホルム・コンサートホール、平和賞がノルウェーの首都であるオスロの市庁舎で行われます。授賞式の後は平和賞以外の5部門はストックホルム市庁舎で、平和賞がオスロのグランドホテルで晩餐会が行われます。

ちなみに、ノーベル賞の賞金は約1億5000万円です。複数の受賞者がいる場合は分割されるそうです。

2016/05/09